仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用

男性と女性

申請業務の効率化

ワークフローのシステムはあらゆる申請業務を円滑に遂行することができるようになるため、業務の効率化に大きく貢献します。ワークフローは専門のシステム導入なしで利用開始が可能になり、この点からも企業の費用負担の少ないものです。

パソコンを操作する人

グループ企業の納税

企業グループが連結納税を行なう場合に役立つのが、専用のソフトウェアを導入する方法です。連結納税を行なう場合には単独の法人が納税する場合とは異なる計算方法が適用される部分もありますが、そうした計算も専用ソフトを使えば正確に行なえます。

レディ

承認や決済の電子化

承認や決済は以前は紙の申請用紙で行われていましたが、ワークフローシステムによって電子化が可能になります。ネットワーク上でやり取りができるので、不在であっても外出先から承認などが行えます。業務効率をアップできます。

オフィス

多彩なサービス

安否確認を自社内だけで行っていると、大規模災害に見舞われた場合に担当社員を含め全社が被災してしまい対応不能となってしまいます。大規模災害に強い分散型の専門会社に依頼しておけば会社が被災しても安否確認をする事が出来ます。

男の人

インターネットで情報共有

クラウドストレージを使用しての社内ファイル共有が進んできています。便利なサービスを利用し、誰でもすぐに情報に触れることができるようになれば、仕事の効率や理解も高まりますし、スムーズに連携を取っていくことも可能となります。

ビジネスを加速させよう

メンズ

無料での体験が可能

いつでもどこでも社内ファイルを社員間で共有できれば、ビジネスをダイナミックに展開できます。また、顧客のニーズに柔軟に対応でき、ビジネスチャンスが広がります。社内ファイルをリアルタイムで共有するためには、インターネット上にファイルをアップロードする必要があります。自社のサーバーを使うことで実現できますが、セキュリティや使い勝手に不安が残ります。そこで利用したいのがクラウド型のファイル共有サービスです。クラウドファイル共有サービスを利用することで、高いセキュリティ環境の中で社内ファイルを共有できます。社外に情報が漏洩する心配がなく、どのような業種でも利用可能です。また、端末からの漏洩を防ぐために、ワンタイムパスワードに対応したクラウドファイル共有サービスもあります。その都度発行されるパスワードがなければアクセスできないため、端末を紛失した際にも安心です。セキュリティの高さだけではなく、使い勝手がいいのも魅力的です。大量のファイルの中からお目当てのファイルが見つかる検索機能、ファイルを開かずとも中身を確認できるプレビュー機能。この2つの機能は多くのクラウドファイル共有サービスが提供しており、スピーディーに社内ファイルを共有できます。また、ファイルの編集履歴を管理できるほか、共有相手を細かく指定することも可能です。豊富なオプションが用意されており、自社のニーズに合った機能を選択できます。各クラウドファイル共有サービスは、1社1社に最適なオプションを提案してくれます。試験版が用意されており、電話またはインターネットから申し込めます。30日間ほど体験版を利用できるため、じっくりと時間をかけて導入の判断ができます。

Copyright© 2018 仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用 All Rights Reserved.