仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用

承認や決済の電子化

レディ

社内と社外で使える

社内の仕事は、通常は組織の上から下に伝えられます。上司が部下に指示をしそれを実行します。この時に特に申請などは行われません。一方、下から上に仕事を伝える時もあります。報告をしたり、申請、承認や決済を求めたりします。以前は書類などを作成して提出し、一定の手続きを経ないと次の段階に進めませんでした。上司が長く留守にしていると書類がそのままになり、なかなか進められないなどの問題がありました。ワークフローシステムは、承認や決済を電子化したシステムです。これまで紙で行っていた業務を、コンピュータとネットワークを用いて行えるようにしています。ワークフローシステムを導入すると、申請などを行う人が申請データを作成し、それを上司に送信します。ワークフローシステムでは、上司などの申請者はネットワーク上で書類の内容を確認し、次の対応を行います。申請のし直しを求めたり、次の上司に申請をするなどができます。ワークフローシステムのいいところは、申請が滞留しにくいところでしょう。これまでは外出などで書類の確認がされなければ仕事がストップしました。でもコンピュータとネットワークで運用されるので、社内だけでなく社外からでも申請の確認や承認が行えます。システムによってはスマホなどでもアクセスできるようになっているので、出張先であっても承認の作業が行えます。会社全体の仕事のスピードが速まり、新しい業務などが効率的に行えるようになります。

Copyright© 2018 仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用 All Rights Reserved.