仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用

グループ企業の納税

パソコンを操作する人

正しい納税額の計算

法人のグループが複数の法人に分けて事業を行なう場合、重要になるのが税金に関する取り扱いです。持ち株の割合など一定の基準に該当する法人のグループは、単独で納税をするだけでなく連結納税をすることができます。こうした納税に関し利用すると便利なのが税や会計に関する社内管理ができるソフトウェアです。税金とソフトウェアに関して専門的な知識を持った会社が開発したソフトは、企業グループが連結納税を行なううえで役に立つ機能が多く搭載されています。ソフトの機能を活用する上で便利なのが、企業グループの中の連結親法人が、グループ全体の納税額を計算する場合です。連結納税をする場合には、単独の法人で納税する場合と異なる税金の計算をしなければいけない部分もあります。費用として認められる金額なども異なってくるために、計算の前提になる費用の額が異なると納税額の計算も正しくできなくなります。ですが連結会計に関する機能を備えているソフトを使用することで、こうした面倒な計算もスムーズに行なうことができます。税額の計算以外にもこうしたソフトには連結納税を行なううえで役に立つ機能が搭載されていて、納税申告をするうえで提出する必要がある別表を作成する場合にも大きく役立ちます。企業グループ全体の支出した費用の内訳などを明示するために必要な、正確な別表の作成がしやすくなるのが、こうしたソフトの利点です。他のソフトウェアで作成したデータを利用できるソフトを使えば、より計算がしやすくなります。

Copyright© 2018 仕事の効率をアップさせる方法!クラウドファイル共有サービスを利用 All Rights Reserved.